当時はかなり追いつめられていました

負担は、多かれ少なかれ誰でも感じる時がありますよね。 負担を感じないと思っている者も、気づかないうちに溜めこんでいる場合があります。それが金字塔恐ろしいですね。

自分では負担の察知がないのに、知り合いなどから指摘されて、「おや、負担だったんだぁ」って、いよいよ認識されるわけですから、随分溜めこんでしまっている。

正直、ボクがそのターゲットでした。 イライラして焦れば焦るほど、全てにおいて空回りしていましたね。

そんな時の歯車って、些か逸れただけなのに、コイツもかってほどかみ合わなくなるので、手詰まりだ。でも、出先では普通の皆さんを繕うので、いくらでもドツボにはまり、完了には統率がきかなくなって、バーンといった大爆発してしまいました(笑)

今では、笑い話にできますが、当時はかなり追いつめられていましたね。

そんなことがあってから、多少なりともイラッって感じたら、小出しに爆発することを心がけてある。

取り敢えず今日、転職していまだに就業に慣れていないので負担が止まりっぱなし。

だからといってショップで爆発してしまったら大変です。

イラっと来てもバーストは小出しに小出しに(笑)xn--ad-mh4azcj0pocd6n0722byssb.xyz