構図を貫く

お疲れ様です。のちのちですけれどもね。また考えが役立つときにウェブログを書くという流儀を貫く日程ですけれどもね。
今日はお休みであったので、ウチでですけれども、YouTubeで見ていたのですけれどもね。
そのYouTubeでみていたのは、それはヤクルトが韓国のクラブといった対戦していた教育勝負のフォトを始終見ていました。
当日なのですが、病状がすぐれず布団の中からですが、見ていたのですけれども、見ていた中でのリアクションをね。
先ず、当たり前のことを、それは山田、バレンティン。秋吉というね。WBCに出演するのですけれども、それはネゴシエーションが早くなっているから、もちろん仕上がりが手っ取り早いというポイント。
そんな感じでね。見ているけれども、野手なんですが、1度仕上げてしまったら、微ネゴシエーションでできそうですけれども、投手はつらい同然ね。それでも、秋吉はですが、リリーフであるので、そのあたりは大丈夫なのかな?と思っていたりしておりますよね。コチラ

渋めの浴衣

渋めの浴衣

梅雨が空けたらあちこちで花火フェスティバルもはじまりだします。

夏季催しも楽しみです。

ですから浴衣を今年は新調することにしました。

昨年まで来ていたのから、惜しくも渋めでシックなものにしようと思います。

まだそんなお年じゃないとは思いますが、つい大人びた感じでちょっと背伸びしてみたい想いが私の中に芽生えてきました。

ほかの乳幼児もそんなこと言っていたので、みんなでその方法に走ってみます。

普段はキャピキャピの女児形式満開としておいて、すぐさま浴衣は渋めで男の子たちを驚かせてみます。

どんな反応があるか見ものだ。

けれどもドン引きされたら可哀想ので、バッチリ「ドン〜」的浴衣を探していらっしゃる。

そう、そのためにも浴衣以外のものもそれに合わせたものを買わなくちゃいけませんね。

やり遂げるからには徹底的にこだわらなくた楽しくありません。

さて、昨今から今年の花火フェスティバルが楽しみになってきました。

どうしてもいいけど降水だけは降らないでね、お願いしますよ♪http://heatliverewards.com/